Loading…

アジアの新興国・バングラデシュでインターン修行

こんにちは、Oceanizeインターンの木内陽翔です

ぼくはこの3月から大学を休学し、現在はバングラデシュという国に来ています。

これから1年間、こちらで生活をし仕事をしていくことになります。

時々このような形でこちらの生活の様子を発信していけたらと思っているのですが、今日はこの国の第一印象とこれからどのようなことをしていくのかということを記録していけたらいいなぁと思っています。

この国に来て見たもの感じたこと

まずはこの国の印象から。

来孟5日目(中国ではバングラデシュの略称として孟の字を使うらしいです)の新鮮な気持ちで紹介していきたいと思います。

空港に降り立ってぼくの目に飛び込んできたのは

色とりどりのサリーに身を包んだ女性たち。

ここバングラデシュでは女性は基本的にサリーなどの民族衣装を着て生活をしています。たまにベールで顔以外が隠れているタイプのものを着ていたり真っ黒な服を着ている方もいて、イスラム圏の国に来たんだなぁと実感させてくれます。

そしてごはん。

一つのお皿にお米(インディカ米)カレー(結構からい)スープ(カレー味)を入れて「手で」混ぜながら食べるのがバングラデシュスタイル。カレーにはいろいろな野菜や肉、魚が入っています。ルーだけでなくスープもあるのでなかなか手で食べるのは難しいです。

専属のコックさんがいて昼は基本的にカレーを、夜はこちらの好きなメニューを言えば作ってくれます。美味です。毎回の食事が楽しみです。

Leave a Reply